【艦これ】初心者のための9箇条

sponsored link

はじめに

龍田水着ドロップ
 艦これをやってきてふと思ったことを、着任したての提督へ向けて、というスタイルでまとめてみました。
 まるで一貫していないのはそのためですが、一種の読み物として参考にしていただければと思います。

1.艦これは「時間で殴るゲーム」である

2014年秋イベ最終
 艦これをプレイしたことがない方によく誤解されるのですが、艦これは「課金の効果が薄い」ゲームです。
 たとえば資源が不足したとして、出撃のためにアイテムを買っても、1000円くらいでは一回も出撃ができないことがあります。
 それよりだったら普段からコツコツと資源をため、一気に使うほうがイベント海域を攻略できる可能性が高いです。
 時間をかけただけ強くなる・有利になるゲームが艦これです。

2.艦これは「人事を尽くして天命を待つゲーム」である

2015春イベ羅針盤
 たとえLv99の艦娘だけで艦隊を組んだとしても、出撃して必ずボスを撃破できるとは限りません。
 ルート固定が完全にできないかもしれませんし、夜戦マスで一撃大破を食らうかもしれませんし、あと一息のところで攻撃を外すかもしれません。
 艦これは編成や練度、キラ付けで海域クリアの確率を高めることができますが、100%にするのは不可能です。必ず運が絡む部分があります。
 だから提督は出撃したらあとは運を天に任せ、祈ることしかできません。
 もし万全の体制で挑んで失敗してもそのとき「運が悪かったのさ」と気分を切り替えてもう一度出撃の準備をするのが、艦これ提督のあるべき姿だと思います。

3.不要な艦娘などいない

瑞鳳改
 保有艦娘数が頭打ちになった場合は仕方ありませんが、基本的に艦娘はとっておきましょう。いつどこで必要になるかわかりません。例えば2015年の夏イベでは、菊月がルート固定の鍵でした。改二が実装されておらず、持っていない提督も多数いました。できるだけ艦娘はいっぱい確保しておきましょう。
 また、マンネリ化してきたら、Lv1のままの艦娘や、未改造の艦娘を育ててみるのもおすすめです。
 「こんな子だったのか!」とグラフィックからはわからない発言をしたり、さらに思わぬ火力を発揮したりして、新鮮な感動を得ることができるかもしれません。管理人は瑞鳳の声にやられました。

4.手に入れたらすぐ艦娘ロックをすべし

艦娘のロック
 新たに手に入った艦娘は、編成画面ですぐロックしましょう。
 特にイベント限定の艦娘は、いつ建造可、いつドロップ可になるかが謎で、解体してしまったら次いつ出会えるかがわからないことが多いです。
 管理人は操作ミスで任務で手に入る赤城を解体してしまって叫んだことがあります。それ以来ロックを欠かさず行っています。

sponsored link

5.航空戦を制する者は艦これを制する

隼鷹改二(中破)の対空カットイン
 戦場に航空戦に参加できる艦が存在すると、航空戦が始まります。
 正規空母や軽空母は、制空権の確保や開幕爆撃を行います。それを巡洋艦が対空射撃をして打ち落とします。
 制空権を確保できたならば、強力な弾着観測射撃や、昼戦連撃が可能になりますし、命中率・回避率もアップします。
 開幕爆撃で敵艦に大打撃を与えることができたなら、その後の戦闘を有利に進めることができます。
 まさに「航空戦を制する者は艦これを制する」です。

6.「塵も積もれば山となる」デイリー任務を侮ることなかれ

任務選択画面
 デイリー任務をこなすことによる最大の目的は「開発資材」と「高速修復財」を集めることです。
 これらは出撃や遠征では集めにくく、主にデイリー任務が入手の機会になっています。
 いざというときに大量に消費できるように、デイリー任務は日ごろからコツコツとこなしていくべきです。

7.迷ったら「艦これ攻略wiki」

難易度選択「甲」
 ブログを運営している身で言うのもなんですが、艦これに関して信用できるのが、一番は運営、二番目に攻略wikiだと思っています。
 リンクを張っておきます。「艦これ攻略wikiへ

8.大破したら撤退すべし

旗艦(時雨)大破による撤退
 睡眠不足や過度の楽観気分から、大破しているのにも関わらず進撃してしまうことがあります。もちろん轟沈のリスクがあることも承知の上で。
 「当たらなければどうということはない」という格言がありますが、艦これの世界の格言ではありません。わりと当たって轟沈します。管理人はイベントをクリアするために島風を犠牲にしてしまったことがあります。今の島風は二代目です。
 大破進軍したときに限って、敵はいい具合にその艦娘を狙ってきます。大破したら絶対に勇気の撤退を。

9.スクショを撮るべし

磯風中破
 艦娘との思い出をたくさん残しておきましょう。
 意外と記憶は儚いものです。「こんなときもあったな」といつでも見返せるように画像は取っておくべきです。

おわりに

村雨(梅雨)の支援射撃
 「何様のつもりだ」と思われるかもしれませんが、とりあえず管理人の考えをまとめてみました。
 またいつか振り返って追加したり書き直したりするかもしれません。
 ではまた。暁の水平線に勝利を刻みましょう。

sponsored link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA